「ニチマテシステム」はダイヤモンドやルビーなど、宝石の査定・買取のノウハウや勉強会をご提供!リサイクル業界に広く正しい知識と正確で安心感のある宝石査定・買取をサポート!

宝石鑑定査定士

00見出し1
なぜ今、宝石鑑定査定士を育成するのか

全国宝石学協会で20年間以上、ダイヤモンド・カラーストーンを鑑別し、リサイクル業界に特化した業界初の鑑別機関である宝石総合科学研究所を運営する藤森祥平氏。彼は今、中立公正な第三者機関として更なる高みを目指すため、宝石鑑定査定士の育成に取り組むことを決意した。プロ26年目の今年、藤森氏が追い求める姿とは?

改めて気付いた、現場の査定力の重要性。
00小見出し1

今年で鑑定士26年目なんですけど、この世界に入ってからは、後任となる人材を育成するという機会がなかったんです。だけど、やっぱり26年前の業界とは全然違うなというのは感じていて、このままではまずいなと。年々、悪意のある模造石の買取・査定依頼が増加していますし。それで、2年前から日本マテリアルさんやリユースさんとニチマテシステムでサポートを始めたんです。それからは、少なくとも自分のまわりでは贋物の買取被害を喰いとめることができて、買取店の危機意識も芽生え、結果もついてきた。改めて、現場レベルの査定能力トレーニングは欠かせないなと実感しました。それで、ニチマテシステム3年目となる今年は、しっかりと形にしたいと思って、宝石鑑定査定士の資格認定の仕組みを考えました。

求めるのは、バランスと経験。
00小見出し2

トレーニングのポイントとしては、バランス良く育成したいというのがあります。ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、サファイア、その他のカラーストーンとありますけど、現場の買取スタッフにとっては、そのバランスが一番重要かなと思っています。どれかが欠けても偏りすぎてても、昨今の持ち込み状況では危機管理ができているとは思えないので。
それから、経験ですね。私も40万個以上の鑑別実績を重ねる中で、経験不足から悔しい思いをしたこともあったので。知らないことを学んでいって、もっと細かく、正確に判断できるよう、頭のキレを伸ばしていってほしいです。
そういった意味で、あまり得意な石を作りすぎないというのも大切ですね。ダイヤモンド買取専門店=勝ち組って時代でもないかなと思いますし。ダイヤモンドを強化したいだけだったら、とことんダイヤモンドの買取だけ相手にしていればいいんですが、それだと買取店としてフットワークが重くなって、店舗運営が危うくなる。ダイヤモンド、カラーストーン、半貴石、三拍子すべて揃った現場力が求められる時代なので、効率よく買取ができるためのトレーニングを意識していきたいです。

着実に現場で活きる資格に近づいている実感。
00小見出し3

宝石鑑定査定士 育成講座は、講義を受けて終わりというのではなく、しっかりと認定試験まであるというのが、これまでの宝石勉強会との大きな違いです。しかも、筆記だけでなく、ちゃんと実技もね。現場の買取スタッフとして、あるいは責任者として、宝石を査定する人材としてこうあってほしいという課題にあわせて、学ばないといけない部分や、そのためになにをすべきか、これまでの経験をもう一度振り返って、1つひとつ組み上げていきました。高い危機管理能力を育むことはもちろん、お客様にこれ以上ない安心感も与えられる宝石鑑定査定士の認定に向かって、多くの買取店スタッフや責任者の方々に努力してほしいと感じています。

00見出し1-2

お気軽に ご相談・お問い合わせください。 TEL 092-403-4751 受付時間 10:00 - 19:00

PAGETOP